スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被馬鞭捶を恐れず

つやこ 投稿日:2013年 6月28日(金)


らんたなへの返信。

> つるちゃんへの返信。
>

こんばんは。こちらは梅雨入り真っ盛りで、洗濯物が悲鳴を上げそうです。

 細い雨足で雨が降って居ます。
 薄暗い書斎の机の前にいつもの様に座って、私は先ぐ目の前にある楓の何とも云えず美くしい姿を見とれて居ます。
 実に姶い。非常に肉の薄い細く分れた若葉の集り。
 一つ一つの葉が皆薄小豆色をして居て、ホッサリと、たわむ様にかたまった表面には、雨に濡れた鈍銀色と淡い淡い紫が漂って居るのです。
 細い葉先に漸々とまって居る小さい水玉の光り。
 葉の重り重りの作って居る薫わしい影。
 口に云えない程の柔かさと弱い輝を持った気味悪い程丸味のある一体の輪廓は、煙った様に、雨空と、周囲の黒ずんだ線から区切られて。
 私はじいっと見て居ます。
 絶え間なくスルスル……スルスル……と落ちて来る雨は此の木の上にも他のどれもと同じ様に降り注いで居るのに、楓のどの部分も目に見えぬ微動さえ起さないで、恐ろしい静けさで立って居る。
 何と云う落付いた事なのでしょうか。
しかし下記の

「厚生労働大臣は参院選後の秋の国会にて、再度生活保護法改正法案と生活困窮者自立支援法案を提出することを明言しています。」これを払拭しなければなりません。

食い止めましょう。永遠に。そのときこそ私は允に安寧を得られそうな気がします。

写真。
飛騨地方で定番の朴葉の上で焼く飛騨牛、白川郷の稲刈り、日を浴びる彼岸花。

0000591M.jpg
0000591_2M.jpg
0000591_3M.jpg

(らんたな) こんばんは。こちはらそろそろ梅雨が明け厳しい初夏に入りそうです。

「秋の国会にて、再度生活保護法改正法案と生活困窮者自立支援法案を提出する」

これを阻もうとしている政党は共産党です。政党に頼らず私たちも現政権と厚生労働省へNOを突きつけなければなりませんね。

ミックスジュースだかなんだか知りませんけど経済効果もまったく感じられません。

給料上がりましたか?そう易々と上がるわけないのですよ。経営者は従業員を少しでも安く雇いたいのが本音でしょうからね。


消費増税、TPP参加、原発再稼働、憲法改正、これに反対しているのも共産党です。

東京都議会議員選で躍進を遂げた共産党には更に躍進してもらいましょう。




傾城に誠なし FC2
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。