スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

翻訳機にかけたような文章

らんたな 投稿日:2013年 4月 2日

YouTubeをサーフィンしていましたら、とても奇妙な文章がありました。私の推測なのですが朝鮮語を翻訳機にかけて日本語化にしたものだと思います。

それではおかしな日本語の文章を紹介します。
『暴力団排除条例 撤廃 要求 啓蒙 街宣・3.4暴力団排除条例街宣文
大阪府民の皆様、こちらはを目指す上のであるに対して、を鳴らし、その危険性を訴えて?いる民族派団体であります。
この暴排条例は、な及びの下で、一部のを新たにし、はおろかの自由すらうであります。
 9.11テロ以降、世界各国の警察権強化にって、我が国も警察国家化が進められており?、・人権やによって理由がわからぬまま、ある日な国民がされる日が来るかもしれません??。それは天皇陛下ののの下、てなく一致団結し、国造りにしてきた我が国のにそぐわぬ?ものであります。
 暴排条例は警察国家化の試験的運用であり、特定の国民の生存権・信教権が侵害されると?いう事態がやがて皆様にも起きるかもしれません。
 更に、暴力団関係者へのの提供の禁止ということは、なであり、憲法の定める国民のをし?くするのとしか言い様がありません。これまでも国民の諸権利がしく制限される法令はあ??りましたが、特定の人間に対し人であることを認めない、すらというのは聞いたことが?ありません。正に歴史上まれにみる悪法である暴排条例の危険性を訴えております、暴排?条?例問題研究会による街宣隊であります。暴力団排除条例問題研究会』



どうでしょうかこのでたらめな日本語。おかしな句読点の打ち方や同文字の連続、意味が通じない言葉の数々。突っ込みどころ満載ですね。
韓国籍か、朝鮮籍の人が朝鮮語(韓国語)で文章を作ったのでしょうけど、翻訳機にかけるとこのような支離滅裂な文章に変換するようです。
動画の内容を簡単に説明しますと、「街宣右翼」と呼ばれている迷彩服や戦闘的な服装を身にまとい拡声器を使って迷惑行為をしている人達が1時間以上にわたってなにやら抗議活動をしているようでした。 さすがに全部見るわけにはいかないので一部のみを閲覧しました。暴力団排除条例に対して猛抗議しているわけですが、この条例を施行するにあたり一番困るのは誰でしょうか。会社員ですか?学生ですか?主婦ですか?お子様ですか?

いいえ。どれも該当しません。一番困るのは暴力団です。彼らの豊富な資金力を使い、街宣右翼に抗議活動をさせたのではないでしょうか。
その中の団体に「祖国防衛隊」という首をかしげてしまう名前があったので、検索をかけたところ、「朝鮮人」によって作られた団体だということが判明しました。
日本人であれば「祖国」なんて使わないでしょうし、愛国心を削ぐような行動はしません。
彼らの国籍は韓国、北朝鮮がとても多いのです。いつになったら彼らが祖国へ帰国するのでしょうか。



傾城に誠なし FC2
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。