スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

惻隠の心は仁の端なり

つやこ 投稿日:2013年 3月13日

わいんへの返信。

> かいへの返信。
弱者(社会保障に頼って生活している若者~高齢者)へのバッシングの源は貧しい心の奥深くにある嫉みや妬みから生まれてくるものです。そのような事情を斟酌した時、私の心に憐憫を催させるものです。
私の生活も随分夥しい或は根本的な変化をうけていますが、それはおそらく、この四年の間に成金になりもしなかった大多数の国民が、その日々で経て来ている、その変りかただと思います。事の端々では、いろいろ特別な点もあるわけですが、しかし総ての変りかたに益々自分一個のことではないのだという感じが深まって来て、文学の仕事にたずさわる者としてこの感覚は一つの収穫とよび得るものではなかろうかと思います。
 文学の分野では、窮局には、この感じがみんなの生活の変化につれて愈々実感されて来て、文学も動いてゆくのだろうかと思います。文学の様式或は場面の模索から一歩深いところで文学が生まれて来る動因になるのではないだろうかと思います。勿論時間と忍耐の要されることです。

0000556_2M.jpg
0000556M.jpg

(らんらな) つやこさんこんばんは

このところ天気が日替わりでまた冷え込んだりしていますのでお体にお気をつけくださいね(^^;
ソーシャルワーカーの方や、福祉の先生から暖かいメッセージをいただいています。




傾城に誠なし FC2
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。