スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Re: 老少不定 (ろうしょうふじょう)

投稿者:LUNA 投稿日:2013年 2月14日

てんまりへの返信。

> 櫻子への返信。
>
> > れいらへの返信。
> >
> > > つやこへの返信。
>
 Happy Valentine's Day!これからもよろしくネ♪
私は最近思ったのですが、「少子化対策」って全く必要ないのではないでしょうか!

磊落闊達の私にはほとんど関係がないのですが、よく話題に挙がるので語ってみましょう。
少子高齢化は統計でみますと確かにそうなのですが、自宅を一歩出てみると、「あれ?子供たくさんいるじゃない!」と思うのです。近所の保育園、幼稚園をはじめ小学校~などの教育機関や学習塾をそれとなく一瞥しますと全然少子化に見えない^^;
しかし実情として年々出生数は減っているのは確かです。これにはいくつかの理由があるのですね。

ブラック企業が蔓延り、若年層が十分な賃金を得られないワーキングプアのAタイプ。
大手企業に勤めても「独身でいる方が断然有利だ!」と将来を見据えて賢しらに浪費を抑えて貯蓄に励むBタイプ。
そうではなく、あればあるだけ出費を気にもせず湯水のように好きなだけ趣味に投じるわが道を行くCタイプなどなど。

これが現代の若者であり、生き方なのですから、政府が煽っても対策にはならないのですよ。政府が本腰を入れて対策しなければならないのは少子化の対策ではなく、高齢化の対策でしょう。

医療の飛躍的進歩により、高齢者の寿命が著しく伸びました。高齢者が増加するとパラレルして社会保障費も増大していきます。この費用捻出に政府は消費税の増税から賄おうと画策してきました。

ここで過去を振り返ってみましょう。戦後の日本の経済成長率をグラフで見てみると、消費税を導入した1989年の後、バブルが崩壊しました。バブル不況を迎えた日本はこれを境に国民の総所得が下がってゆきます。

1994年から1995年にかけて、穏やかな経済成長率を示しましたが、消費税の5%導入により、再び成長率下降の一途を辿りました。

このように増税すると、スタグネーションを引き起こし国民の所得は思うように上がりません。 最下層にいる人程、ダイレクトに生計を圧迫します。

社会保障費の捻出については仲夏さんが指摘していた相続税、法人税、そして所得税からも引き出し、自動車重量税や、高額納税者の住民税増税などが効果あると思えますね。


デフレを脱却するには中間搾取しまくっているブラック企業の殲滅から始めていかないといけませんね。

一人暮らしする若者が増えているのですから、それに伴ってワンルームマンションをもっと増やしてあげましょうね。 狭い日本に一戸建てばかり増やしてはより狭くなるだけですよ。一戸建てを増やして住宅街を形成するのではなく、通勤圏内に「働きやすい優良な会社」を作っていきましょう。

写真上からさっぽろ雪まつり ペリー像、故宮博物院(紫禁城)・太和殿、そして
夜間のアイスキャンドルパークです。


0000551M.jpg
0000551_2M.jpg
0000551_3M.jpg



(らんたな) ブラック企業が蔓延りだし始めたのは規制緩和が原因ではなかったでしょうか。 次々に不必要な会社が設立され会社と言えない悪質な集団がぼろ儲けしたのでしょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。