スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風光明媚

2012/07/28 16:48:14 カピス

人の生活に最も大事なのは、自分の生を愛し慈しむ感情である。生きてるということに対する自覚的な輝かしい感情である。なぜならば、そういう感情からこそ、本当に純な素直な力強い生活心境が生れてくるのだから。

 この自分の生を愛する心を、我々は怱忙たる人事のうちにあって、往々にして失いがちである。そして第二義的なものに、―生の本質にではなくして生の便宜たるものばかりに眼を向けがちである。名誉だの名声だの金銭だのというようなものが、更に卑近な方面では、衣食住に関する余贅なものが、我々の前に立ち塞がって我々の心を惑わし煩わしがちである。

勿論それらのものは、生活に必要であり、活動力を刺激しはする。然しながら、それらのものに囚われる時、それらのものばかりを追い求むる時、人はただ功利に走って、本当の生活の味を味い得なくなる。それらのものが目的となって、生きることが方便となる。

自分の生を、一生を方便とする、それほど惨めな浅間しいことがあろうか。人にとっては生きることが目的であって、名誉や金銭や名声や衣食住に関する余贅などは、生きるための方便であるべきである。(勿論茲に云う生きるということは、単に生命を持続することばかりでなく、生きるということが必然に内包してる、仕事や働きなどをも含めて云うのである。)

そして人を正しく生かすものは、己の生を愛する心である。
己の生を愛し慈む心を、我々は大自然に接する時、最も多く体得する。

大自然に接すると、我々は自己の微小を感ずる。人生に於て我々の眼を強く惹きつけていたあらゆるものの価値が一時に払拭され、全ての物の中心であった自分自身が微々たるものになって、ただ悠久永劫な大自然のみが、何物にも無関心な大きさで君臨する。


動画 神の子池 Canon EOS 7D Movie

アップロード日: 2010/07/28

北海道清里町、摩周湖の水が地下から湧き出ている。水温は年間を通して8度と一定。オ­ショロコマが泳いでいる。


画像上 神の子池 かすかにエメラルドがかった透き通ったブルーの摩周湖の水。池底の砂が沸き立ち、水が噴出している様子が見てとれる。訪れる者も少ない静かな森の中だが、すぐそばにコンクリートの谷止めが作られている。「神様からの贈り物」にも俗化の波は容赦なく押し寄せているのであった。

画像中 朱鞠内湖(しゅまりないこ)。人造湖として日本一の広さがある。
画像下 野生動物すら見当たらないチミケップ湖。堰止め湖としても有名である。

0000417M.jpg
0000417_2M.jpg
0000417_3M.jpg


 人の生活に最も大事なのは、自分の生を愛し慈しむ感情である。生きてるということに対する自覚的な輝かしい感情である。なぜならば、そういう感情からこそ、本当に純な素直な力強い生活心境が生れてくるのだから。

 この自分の生を愛する心を、我々は怱忙たる人事のうちにあって、往々にして失いがちである。そして第二義的なものに、―生の本質にではなくして生の便宜たるものばかりに眼を向けがちである。名誉だの名声だの金銭だのというようなものが、更に卑近な方面では、衣食住に関する余贅なものが、我々の前に立ち塞がって我々の心を惑わし煩わしがちである。

勿論それらのものは、生活に必要であり、活動力を刺激しはする。然しながら、それらのものに囚われる時、それらのものばかりを追い求むる時、人はただ功利に走って、本当の生活の味を味い得なくなる。それらのものが目的となって、生きることが方便となる。

自分の生を、一生を方便とする、それほど惨めな浅間しいことがあろうか。人にとっては生きることが目的であって、名誉や金銭や名声や衣食住に関する余贅などは、生きるための方便であるべきである。(勿論茲に云う生きるということは、単に生命を持続することばかりでなく、生きるということが必然に内包してる、仕事や働きなどをも含めて云うのである。)

そして人を正しく生かすものは、己の生を愛する心である。
己の生を愛し慈む心を、我々は大自然に接する時、最も多く体得する。

大自然に接すると、我々は自己の微小を感ずる。人生に於て我々の眼を強く惹きつけていたあらゆるものの価値が一時に払拭され、全ての物の中心であった自分自身が微々たるものになって、ただ悠久永劫な大自然のみが、何物にも無関心な大きさで君臨する。

-----------------------------------------------------------------------------------
神の子池


画像上 神の子池 かすかにエメラルドがかった透き通ったブルーの摩周湖の水。池底の砂が沸き立ち、水が噴出している様子が見てとれる。訪れる者も少ない静かな森の中だが、すぐそばにコンクリートの谷止めが作られている。「神様からの贈り物」にも俗化の波は容赦なく押し寄せているのであった。

画像中 朱鞠内湖(しゅまりないこ)。人造湖として日本一の広さがある。
画像下 野生動物すら見当たらないチミケップ湖。堰止め湖としても有名である。

0000417M.jpg
0000417_2M.jpg
0000417_3M.jpg


手打ち蕎麦の宿 『朱鞠内湖そばの花』


北海道 チミケップ湖



静かな湖畔に佇む安らぎのリゾート チミケップホテル

神の子池の行き方(裏摩周湖)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。